ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年09月22日 16時54分 UPDATE

一眼レフ用「NIKKOR」、4500万本達成 1年で500万本

ニコンの一眼レフカメラ用交換レンズ「NIKKOR」(ニッコール)の累積生産数が、8月に4500万本を達成。昨年7月の4000万本達成から1年で500万本生産した。

[ITmedia]

 ニコンは9月22日、同社の一眼レフカメラ用交換レンズ「NIKKOR」(ニッコール)の累積生産数が、8月に4500万本を達成したと発表した。昨年7月の4000万本達成から1年で500万本生産した。

 一眼レフ用NIKKORレンズは、1959年に発売した「NIKKOR-S Auto 5cm f/2」が最初。同社初の一眼レフカメラ「ニコンF」と同時に発売した。現在は超広角、超望遠、ズーム、マクロレンズなど60本をラインアップしている。

 NIKKORは、ニコン創業時の社名「日本光学工業株式会社」の略称「日光」の英文表記「NIKKO」に、写真レンズの名称の末尾によく使われていた「R」を付けたもの。1933年からレンズのブランドとして利用している。

関連キーワード

ニコン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.