ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年09月25日 07時18分 UPDATE

携帯電話が車のキーに 日産、ドコモ、シャープが開発

車のキーとして使える携帯電話を日産自動車とシャープ、ドコモが開発した。ドアの施錠・解錠やエンジンの始動・停止がワイヤレスで可能だ。

[ITmedia]
画像

 日産自動車、NTTドコモ、シャープは9月24日、車のワイヤレスキーとして使える携帯電話を試作したと発表した。来年度の商品化に向けて開発を進める。

 日産の「インテリジェントキー」システムを搭載した。自動車のドアの施錠・解錠や、エンジンの始動・停止がワイヤレスで可能だ。携帯電話へのインテリジェントキーデバイスの小型組み込み技術などを確立して実現した。

 シャープが端末の開発を、日産が携帯にインテリジェントキーを内蔵するための技術支援など担当。ドコモが商品の販売シミュレーションを行った。

 インテリジェントキー機能は「マーチ」など95万台以上の日産車で使われている。同機能を搭載した携帯は世界初という。

 試作機は「CEATEC JAPAN 2008」(9月30日〜10月4日、幕張メッセ)で展示する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.