ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年10月16日 07時00分 UPDATE

フォーサーズレンズのアップデート、異なるメーカーのカメラで可能に

オリンパスとシグマ、パナソニックは、フォーサーズに準拠した交換レンズのファームウェアを、異なるメーカーのカメラボディを使ってアップデートできるサービスを始めた。

[ITmedia]

 レンズ交換式一眼レフ規格「フォーサーズ」製品を販売しているオリンパスイメージング、シグマ、パナソニックは10月15日、フォーサーズに準拠した交換レンズのファームウェアを、異なるメーカーのカメラボディを使ってアップデートできるサービスを始めた。

 オリンパスかパナソニックのカメラボディを使って、3社それぞれのレンズをアップデートできる。

 従来、レンズのファームウェアをアップデートする際は、レンズと同じメーカーのカメラボディが必要で、例えばパナソニックのボディにオリンパスのレンズを付けていた場合、ユーザーがアップデートすることはできなかった。

関連キーワード

フォーサーズ | ファームウェア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.