ニュース
» 2008年10月29日 09時39分 UPDATE

Microsoft、ブラウザで使える軽量版Office提供へ

Web経由でブラウザから文書を編集できるWord、Excel、PowerPoint、OneNoteを提供する。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月28日、Webブラウザで利用できる軽量版Officeスイートを提供する計画を明らかにした。「ソフトウェア+サービス」として製品を提供する戦略の一環だ。

 軽量版をリリースするのはWord、Excel、PowerPoint、OneNote。ユーザーはWeb経由でブラウザからOffice文書を作成、編集でき、ほかのユーザーとの共同編集も可能。

ah_Word.jpg Web版Word

 Office Webアプリケーションは、コンシューマー向けには「Office Live」を介して、広告付きの無料版またはサブスクリプション制のバージョンを提供する。企業向けにはホスティング型のサブスクリプションサービスとして、既存のボリュームライセンス契約を通じて提供する。

 Microsoftは年内にOffice Webアプリケーションの非公開プレビュー版を披露するとしている。

ah_OneNote.jpg Web版OneNote

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -