コラム
» 2008年10月30日 08時05分 UPDATE

Windows 7デビュー、その新機能は

Windows 7では「Jumplist」「Device Stage」などの新機能を追加し、電卓などにもリボンインタフェースを取り入れる。

[Joe Wilcox,eWEEK]
eWEEK

 今日(11月28日)、米MicrosoftはProfessional Developer Conference(PDC)でWindows Vistaの後継を披露した。Windows 7の焦点はVistaとの類似性にあるが、ユーザーインタフェースはOfficeの特徴を取り入れている。

(筆者注:これは28日午前11時30分から午後1時30分ごろまでライブで書いたブログだ)

 同社はPDC初日の昨日、「Azure Services Platform」を発表した。Windows 7にも同社のWebサービス戦略の中で果たす役割がある。同社はWindows 7をこの戦略のフロントエンドとして位置付けている。

 今日、Microsoftは予定通りWindows 7のプレβを開発者に配布する。「われわれはいかにしてβ版にたどり着くのか」とMicrosoftのWindows&Windows Live Engineering部門上級副社長スティーブン・シノフスキー氏はPDCの基調講演で問い掛けた。プレβは機能がそろっておらず、今日披露されたユーザーインタフェースの要素などが含まれていない。β版は「来年初め」にリリースの予定だ。β版の登場時期が、来年のどの時期にMicrosoftがWindows 7をリリースするかを決めるだろう。シノフスキー氏はリリース時期は来年とは言わなかったが、わたしは7の進路はそうなると思っている。

 Microsoftのサービスの基盤となるのは、Windows Serverをクラウドコンピューティング向けに最適化したバージョン「Windows Azure」だ。クライアント版およびサーバ版Windowsはコード基盤の大部分が共通であり、Windows 7とWindows Server 2008 R2は同じカーネルを使っている。Microsoftは今日、Windows Server 2008 R2も発表した。

ah_7taskbar.jpg Windows 7のタスクバー

 そこでデスクトップからクラウドへと、Microsoftはエンドユーザー、IT部門、開発者に恩恵をもたらす機能とポテンシャルを統合している。Windows 7とWindows Liveサービス群の統合は強固になるだろう。

 開幕基調講演で、チーフソフトウェアアーキテクトのレイ・オジー氏は、この日の中心はクライアント、つまり「アウトサイドインビュー」だと語った。同氏は、Webが変化をもたらしていることを認め、「PCは再びWebに適応しつつある」が、今のPCとWebは「2つの別々の世界だ」と主張した。

 同氏はそれから、なぜPCが今も重要なのかを説明した。PCの重要性は、ユーザーにとって重要な情報を「リッチに作り出し、消費する」ことにあると主張、インターネットの役割を「電子メールアドレスとURLの間の合流点となる」と定義した。同氏は次に、携帯電話を取り上げた。「携帯電話アプリケーションの利点は、常に持ち歩けることだ」と主張。それを皮切りに、PCクライアント、携帯電話、Webに関する今日の発表につなげた。

 その後シノフスキー氏が壇上に上がり、Windows 7を紹介した。だがデモはWindows Experienceプログラム管理担当コーポレート副社長ジュリー・ラーソン−グリーン氏が行った。ラーソン−グリーン氏は新しいタスクバーを披露した。新タスクバーでは、Vistaのタスクバーで表示されるプレビューウィンドウが大きくなる。タスクバー上で開いているアプリケーションの順番を入れ替えたり、タスクバーウィンドウを操作したり、タスクバーウィンドウ間でコンテンツを動かすこともできるようになる。新機能「Jumplist」は、Wordで最近開いた文書にアクセスするなど、アプリケーションウィンドウに関連するユーザー固有のタスクを実行するためのポップアップメニューだ。

ah_jumplist.jpg Windows 7のJumplist

 ラーソン−グリーン氏は、複数のストレージデバイスをまたいでフォルダとファイルをまとめる「Libraries」と呼ばれる新しいファイルフォルダのモチーフをデモした。「Home Group」は新しいネットワーキング機能。いずれも検索とファイル管理機能を合わせた機能だ。新しいMedia Playerもある。Windows Media Player 11よりもかなりスリムに見える――いいことだ。

 「Device Stage」という新機能は、デバイス――携帯電話からプリンタまで――の管理を容易にするはずだ。Microsoftは職場と自宅のプリンタの切り替えに伴う混乱を取り除いた。Windows 7はネットワークが変わるたびにプリンタを切り替える。

 ガジェットはサイドバー以外にも置けるようになる。デスクトップをカスタマイズするための新しいデスクトップ・テーマツールが用意され、いら立たしいシステムトレイは変更される。どのアプリケーションをシステムトレイに置くのかを、ユーザーが決められるようになる。

 5月のD6カンファレンスで発表されたように、Windows 7はタッチスクリーンとジェスチャーをサポートする。この点はiPhoneとMacを思い起こさせる。

 「リボンインタフェースをWindowsに取り入れるべく、Officeチームと協力してきた」とラーソン−グリーン氏は言う。シノフスキー氏は、Microsoftは「15年ごと」に電卓や印刷のようなアプリケーションをアップデートすると冗談を言った。これらの機能はリボンを取り入れて刷新する。

 シノフスキー氏は「Windows Live Essentials」β版を発表した。「オプションでダウンロード提供する」ものであり、Windows Live Servicesと一緒に使うと「携帯電話、PC、Webにわたって完ぺきなコミュニケーションと共有の体験」を実現すると説明している。

ah_libraries.jpg Windows 7のLibraries

 驚いたのが、同氏が自分のWindows 7マシンを披露したことだった。1GHzプロセッサと1Gバイトメモリを搭載したネットブックだった。ブート後はメモリの約半分しか使えないが、それでもほとんどのネットブックにとってVistaが必要とするリソースが大き過ぎることや、この分野がホットなことを考えると、これ(7のネットブック対応)は重要だ。

 Microsoftは基調講演でほかにも多数の発表を行っており、追って取り上げる予定だ。携帯機器、PC、Web向けのアプリケーション/サービス開発を統合するLive Frameworkなどが発表された。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -