ニュース
» 2008年10月30日 17時27分 UPDATE

任天堂も下方修正 Wii販売上積みも円高が直撃

任天堂も通期の利益予想を下方修正した。「ニンテンドーDS」「Wii」が好調だったが、円高の進行に伴いドルやユーロの想定レートを見直した。

[ITmedia]

 任天堂は10月30日、2009年3月期通期の利益予想を下方修正し、純利益が3450億円(前期比34%増)にとどまる見通しだと発表した。従来予想は4100億円だった。

 「ニンテンドーDS」「Wii」が好調で、Wiiの販売台数予想は上方修正したが、円高の進行に伴いドルやユーロの想定レートを見直したため、利益が減る見通しだ。

 修正後の予想は、営業利益が前期比29%増の6300億円(従来予想は6500億円)、経常利益が32%増の5800億円(7000億円)。売上高は20%増の2兆円(従来予想から据え置き)。

 円高の進行に伴い、ドルの想定レートを前回予想の105円から100円に、ユーロを160円から140円に修正した。

 Wiiの通期販売台数予想は従来予想より100万台上方修正し、2750万台とした。Wiiソフト、DSソフトの販売本数予想も上方修正している。

 同日発表した2008年4〜9月期の連結決算は、売上高が前年同期比32.5%増の8368億円、営業利益が81.3%増の2521億円、経常利益が27.5%増の2373億円、純利益が43.7%増の1448億円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -