ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年11月05日 08時39分 UPDATE

Nokia、新興国向け低価格携帯と情報サービスを発表

Nokiaがインドなど新興国向けに、低価格の携帯端末と新サービスの提供を開始する。

[ITmedia]

 フィンランドのNokiaは11月4日、新興国を対象とした低価格の携帯端末と、農業関連情報サービスおよび教育サービス「Nokia Life Tools」を発表した。

 新端末は7種類。価格は25ユーロから90ユーロ程度に設定されており、一部機種は年内に出荷を開始する。

yu_7100.jpgyu_2323.jpgyu_2330.jpg 左から、75ユーロの「Nokia 7100 Supernova」、40ユーロの「Nokia 2323 classic」、50ユーロの「Nokia 2330 classic」
yu_5130.jpgyu_1202.jpgyu_1661.jpg 左から、90ユーロの「Nokia 5130 XpressMusic」、25ユーロの「Nokia 1202」、30ユーロの「Nokia 1661」

 Nokia Life Toolsは、農村部や小村に住むユーザーに最新情報を提供するサービス。2009年前半にインドでサービスを開始し、2009年後半にはアジアとアフリカの一部諸国へと拡大する。

 Nokiaはまず年内に、インドで実証実験を行う。実験にはReuters Market Light(RML)がコンテンツサービスプロバイダーとして協力し、気象情報や、種、肥料、殺虫剤の価格情報など、農業に必要な情報を農業従事者に提供する。情報はユーザーの所在地や農作物に合わせてカスタマイズされ、Nokia携帯端末に直接配信される。

 教育サービスでは、英語力と一般教養の向上を支援する。英語や一般教養のクイズなどを学生に提供する。将来的には、高等教育や就職に関する情報、試験準備問題、試験結果へのアクセスなどのサービスも提供する計画という。

関連キーワード

Nokia(ノキア) | インド | 携帯電話


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.