ニュース
» 2008年11月05日 19時07分 UPDATE

今年は「裁判員制度ブラ」 てんびんとしても使えます

「裁判員としての心構えを訴えます」――トリンプが「裁判員ブラ」を開発した。裁判の象徴・正義の女神が持っているてんびんをデザイン。実際にてんびんとして使える。

[ITmedia]
画像

 世相を反映したユニークなブラジャーを制作しているトリンプ・インターナショナル・ジャパンは11月5日、新作「裁判員ブラ」と、お尻の部分に「平等」と書いたショーツを発表した。

 ブラジャーは、裁判の象徴である「正義の女神」が手に持っているてんびんをイメージしたデザイン。左右の金色のカップがチェーンでつながっている。カップを皿代わりに、実際にてんびんとして使うこともできる。「有罪」「無罪」をイメージした白黒リバーシブルのパッド付きだ。


画像 ショーツのお尻に部分には「平等」の文字

 黒色のショーツと巻きスカートも制作した。ショーツのお尻の部分には「平等」の文字をプリント。巻きスカートは、裁判官が法廷で着用する法服と同じ黒のシルク素材を使い、ウエスト部分には白のリボンをあしらった。肩から羽織ればマントとしても使用でき、「法服を着た裁判官のようなイメージ」になるという。

 裁判員制度が来年5月21日にスタートすることを受け「裁きの正義とは何かを考えるべく」開発。「裁判員としての心構えを訴える」としている。同社はこれまで「郵政民営化ブラ」や「投票率UP!ブラ」「少子化対策ブラ」などを制作している。

 裁判員制度ブラは非売品。11月5、6日に開催するイベント「2009春夏トリンプコレクション」(東京流通センター)で公開する。

関連キーワード

裁判 | デザイン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -