ニュース
» 2008年11月07日 08時06分 UPDATE

Xboxが原因で家出の少年、遺体で発見

Microsoftが懸賞金を出すなど捜索が続けられていたが、遺体で発見という最悪の結果となった。

[ITmedia]

 両親にXbox 360を取り上げられて家出したカナダの少年が遺体で発見された。カナダ各紙が11月5日に報じた。

 オンタリオ州トロント北部のバリー在住のブランドン・クリスプくん(15)は、10月13日から行方が分からなくなっていた。「コール・オブ・デューティ4 モダン・ウォーフェア(CoD4)」をやり過ぎだと両親に注意された後に家を飛び出したという。警察と有志による捜索が行われ、Microsoftは発見につながる情報に懸賞金を出すと発表した。

 クリスプくんの遺体はバリーの北東にあるトウモロコシ畑で、鹿狩りをしていた人により発見された。死因は明らかになっていないが、警察は犯罪に巻き込まれたのではないとみていると地元紙TheStarは伝えている。

 クリスプくんの父親は先月、Globe and Mail紙の取材に対し、「これ(ビデオゲーム)は息子のアイデンティティーになっていた。それを取り上げるのは足を切り落とすようなものだ」とコメントしていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -