ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年12月03日 10時08分 UPDATE

Microsoft、Vista SP2β版のテストを拡大

4日から、Customer Preview Program(CPP)に登録すれば誰でもSP2βを入手できるようになる。

[ITmedia]

 米Microsoftは12月2日、Windows VistaおよびWindows Server 2008のService Pack(SP)2のβテストを拡大することを明らかにした。

 同社は10月に、Technology Adoption Programを利用する少数の顧客にSP2βを提供開始した。提供範囲の拡大により、MSDNとTechNetの会員は2日(米国時間)からβテストに参加できる。また4日からは、開発者やIT専門家、IT愛好家向けのCustomer Preview Program(CPP)に登録すれば誰でもSP2βを入手できるようになる。

 SP2にはSP1リリース後に提供されたアップデートが含まれ、新たなハードウェアのサポートなどが追加される。現時点では、SP2の正式リリースは2009年前半に予定されている。

関連キーワード

Windows Vista SP2 | Microsoft | Windows Server 2008


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.