ニュース
» 2008年12月03日 12時36分 UPDATE

Firefoxのシェア、20%超える

IEのシェアは69.77%と7割に達しなかった。

[ITmedia]

 Firefoxブラウザの市場シェアが11月に初めて20%を突破、Internet Explorer(IE)のシェアが7割を切った――調査会社Net Applicationsが12月2日、このような調査結果を発表した。

 11月のFirefoxのシェアは約0.8%伸びて20.78%。IEは69.77%だった。Net Applicationsは同月にFirefoxのシェアが増えた理由として、これまでの着実な成長に加えて、米大統領選前後にFirefoxの利用が(特に日本など米国以外の一部地域で)大幅に増えたこと、感謝祭(第4木曜日)から月末にかけて同ブラウザのシェアが急増したこと、土曜日と日曜日が合計10日と平均より多かったことを挙げている。Firefoxは企業での利用よりも自宅での利用の方がシェアが高いため、こうした休日などの要因がFirefoxの自宅での利用を増やし、その結果シェアを押し上げたとNet Applicationsは分析している。

 またこれらの要因から、12月もFirefoxのシェアが20%を超えると同社は予測している。

2008年11月のブラウザシェア
ブラウザ シェア
IE 69.77%
Firefox 20.78%
Safari 7.13%
Chrome 0.83%
Opera 0.71%
(資料:Net Applications)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -