ITmedia NEWS >
ニュース
» 2008年12月04日 10時19分 UPDATE

「あけおめメールより年賀はがきの方がうれしい」が8割

メールで年始のあいさつをする人が増えているが、「メールより年賀はがきをもらった方がうれしい」という人はまだまだ多数派のようだ。

[ITmedia]

 メールで年始のあいさつをする人が増えているが、「あけおめメールより年賀はがきの方がうれしい」という人はまだまだ多数派のようだ。

 マクロミルが行った年賀状に関する調査によると、「メールよりはがきの年賀状をもらった方がうれしい」と答えた人が8割に上った。

 調査は15歳以上の男女を対象に11月25日、26日にネット上で行い、624人から回答を得た。

 来年のお正月に年賀状(年賀メールなどを含む年始のあいさつ状)を送ると答えた人は86.1%。このうち、年賀はがきを送る人は93.5%、携帯メールを送る人は38.9%、PCメールは22.3%だった。

画像

 はがきで送る人は年代が上がるほど、携帯メールで送る人は年代が下がるほど増えており、10代は83.1%が携帯メールで送ると答えた。

 メールで送る理由は「簡単に送れるから」が81.0%とトップ。「相手の住所を知らないから」と答えた人も34.8%いた。

画像

 「メールよりはがきの年賀状をもらった方がうれしい」人は82.9%。その一方で「年賀状の準備は面倒」と答えた人も81.7%に上った。

画像

関連キーワード

年賀状 | ハガキ | マクロミル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.