ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年12月05日 08時19分 UPDATE

AT&T、全従業員の4%に相当する1万2000人を削減

設備投資を減らし、不採算部門の人員を削減する一方で、インターネット事業の人員は増強する計画という。

[ITmedia]

 米AT&Tは12月4日、全従業員の約4%に相当する、約1万2000人を削減すると発表した。

 昨今の不況、事業編成の見直し、組織の合理化などを理由としている。人員削減は12月から2009年にかけて実施する計画。第4四半期決算にリストラ費用として約6億ドルを計上する。

 また同社は2009年の設備投資を、2008年から縮小する計画を明らかにした。

 一方で、ワイヤレス、ビデオ、ブロードバンドなどの事業分野では、新規採用を継続するとしている。

関連キーワード

AT&T | 人員削減 | 設備投資 | 決算 | 不況 | リストラ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.