ニュース
» 2008年12月08日 18時14分 UPDATE

auから「Walkman Phone」 音質とデザイン性で「一歩前へ」

「Walkman Phone」がauから登場。音質とデザイン性を売りに「一歩前へ進む」という。320kbpsのAACで配信する新サービス「着うたフルプラス」に対応する。

[宮本真希,ITmedia]
画像 Xmini

 「auは音楽の世界でまた一歩前へ進む」――KDDIは、音楽機能を強化した携帯電話「Walkman Phone, Xmini」を12月下旬に発売する。手にすっぽりと収まる小型サイズで、ファッションアイテム感覚で持てるようデザインに配慮。ターゲットは「音楽を生活の一部と考える」ユーザーだ。

 ソニーのウォークマンにも搭載されている高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を採用するなど音質にこだわった。320kbpsのAACで楽曲配信する新サービス「着うたフルプラス」に対応する。

 コンセプトは「Small-Revolution」。サイズとデザイン性も売りで、44(幅)×75(高さ)×18(厚さ)ミリ、重さは約75グラムと小型軽量に抑えた。

画像 4色展開

 スライド式で、閉じたまま音楽プレイヤーを操作できるよう、本体表面にタッチセンサーキーを搭載した。液晶ディスプレイは1.8インチのQVGA(240×320ピクセル)表示。4Gバイトのメモリを内蔵し、着うたフルなら約2300曲を保存できる。

 「ケータイらしさをあえて排除したミニマルなデザイン」で、カメラは付いていない。本体と同色のネックストラップを付属し、首から下げてファッションアイテム感覚で楽しめるようになっている。


画像
画像 光っている部分がタッチセンサーキー

着うたフルプラスで「もう一歩前へ」

画像 高橋部長

 「携帯の音楽配信は音質が悪いというイメージがあるが、着うたフルプラスでもう一歩前へ進む」(高橋誠・コンシューマ事業統括部長)――着うたフルプラスは今後発売する全機種で対応する予定。対応楽曲の価格は未定だが、着うたフルと同じ価格帯になる予定だ。

 これまでに発売したウォークマンケータイ2機種のユーザーは、他機種より着うたフルの利用率が2倍以上と高かったという。端末の音楽機能の強化と、着うたフルプラスで音楽ユーザーを取り込みたい考えだ。

 Xminiの登場でau冬モデルがそろった。「これからが他社との商品力の勝負になる。不況の中では、いかにauショップに来てもらうかがポイントになる。Xminiは店頭で試してほしい商品だ」と高橋氏は期待を込める。

 auは11月の番号ポータビリティの転出超過数が過去最多となるなど苦戦しているが、来年1月には早くも春モデルを発表する予定。「きっちり10数機種をそろえ、元気なauとして一歩前へ進んでいきたい」という。

画像 倖田來未さん(左)と小栗旬さん

 着うたフルプラスのサイトを開設するレーベルモバイルの今野敏博社長は「着うたフルの開始から4年たち、そろそろ新しいものを作りたいと思っていた。着うたの違法配信が問題となっている。正規の有料配信でしかできないサービスを提供していきたい」と意気込む。

 発表会には、XminiのCMに出演する俳優の小栗旬さんと、CM曲を歌う倖田來未さんが登場。倖田さんはXminiが「小さすぎて携帯と分からなかった」という。小栗さんは「Xminiを持っていたら絶対モテますよ」と、デザイン性を評価していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -