ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年12月09日 18時07分 UPDATE

「英語入力もATOKで」――JUST Suite新版、2月発売

「ATOK」や「一太郎」を含む「JUST Suite」新版が来年2月に発売される。新ATOKは英語の入力支援機能付き。ローマ字を入力するたびに候補となる単語を表示したり、スペルチェック機能を利用できる。

[岡田有花,ITmedia]
画像

 ジャストシステムは、日本語入力システム新版「ATOK 2009」や、ワープロソフト新版「一太郎 2009」などを含むオフィス統合ソフト「JUST Suite 2009」を来年2月6日に発売する。各ソフトでユーザーインタフェースなど改善。ATOKには新たに、英語入力を支援する機能を追加した。

 JUST Suite 2009には「ATOK 2009」「一太郎 2009」のほか、表計算ソフト「三四郎 2009」、プレゼンテーションソフト「Agree 2009」、グラフィックスソフト「花子 2009」、メールソフト「Shuriken 2008」(3月に新版「2009」に無償アップグレード)、文書管理ソフト「SuiteNavi2」、PDFソフト「JUST PDF」が含まれている。

 ATOK、一太郎、三四郎、Agree、花子、Shurikenは単体でも販売する。対応OSはそれぞれWindows 2000/XP/Vista。

製品名 価格 発売日
JUST Suite 2009 2万6250円 2月6日
一太郎2009 2万1000円 2月6日
ATOK 2009 for Windows[プレミアム] 1万2600円 2月6日
三四郎2009 5250円 2月6日
Agree 2009 8190円 2月6日
花子2009 [書籍セット] 1万290円 2月6日
Shuriken 2009 5040円 3月13日

 「英語入力もATOKをONで」――ATOKには新たに、英語入力を支援する機能「ATOK 4(for)E」を装備。「英数」キーを指定すると英語入力モードに切り替わる。

 英語入力モードでは、アルファベットを入力するたびに候補の英単語を表示する機能や、入力された単語を分析し、次に入力する単語を推測して表示する機能、日本語をローマ字入力すると英語に変換する機能、スペルチェック機能などを利用できる。

 日本語の変換精度も向上させ、「感動変換、ATOK」をキャッチフレーズにアピールする。


画像 アルファベット入力のたびに候補を表示
画像 日本語の読みをローマ字入力すると英単語に変換

画像 一太郎 2009

 一太郎はユーザーインタフェースを刷新し、表示倍率を変更できるスライダーなどを追加した。文字飾りなどを反映前に確認できる「リアルタイムプレビュー」機能や、袋文字を簡単に作成できる「POP文字」機能も備えた。

 三四郎や花子も画面デザインを一新。三四郎には、マウス操作だけで数式入力ができる機能などを追加した。花子は図形加工機能などを改善。Agreeには、スライドショーの際に、マウスカーソルを載せた部分の色を変えて強調する機能などを追加した。

画像 浮川社長

 JUST Suiteと一太郎、ATOK、花子には、オンラインバックアップサービス「IDisk Backup」を無償で付ける。HDD上の指定したファイルやフォルダをバックアップできるサービスで、ソフトのアクティベーションから1年間限定で利用できる。利用できるファイル容量はJUST Suiteが2Gバイト、一太郎、ATOK、花子が1Gバイト。

 同社の浮川和宣社長は「新製品は1年間の汗の結晶。時代を先取りした機能や、ほかにはない新しい機能もある」などと新商品をアピールした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.