ニュース
» 2008年12月16日 18時23分 UPDATE

「慰謝料電卓」で不満や怒りの“金額”算出

人間関係の不満や怒りを金額で算出する「慰謝料電卓」が登場する。「くだらねぇ〜モノを作り続ける」という「こよい兄弟」の第1弾。

[ITmedia]
画像 慰謝料電卓

 「誰に何をされたのさ!!」――人間関係の不満や怒りを、金額で表現して楽しむという電卓「慰謝料電卓」が1月24日に発売される。「くだらねぇ〜モノを作り続ける」という新シリーズ「こよい兄弟」の製品第1弾で、玩具開発のウィズが開発し、ウィズランドが販売する。

 通常の電卓に「慰謝料計算モード」を加えた。自分のプロフィールや慰謝料を請求したい相手、怒りの原因を入力し、「精神的ダメージ」と書かれたボタンを連打すると、慰謝料を表示。「ビール」「エステ」「ごちそう」など「思わずうれしくなるアイテム」も1つ表示する。

 表示された金額をその場で書いて楽しむための「請求書メモ」3枚付き。「ストレス発散や、学校・職場・飲み会などでのコミュニケーションツールとしておすすめ」という。

 スイッチでモードを切り替えると、通常の電卓として利用できる。サイズは127(高さ)×80(幅)×20(厚さ)ミリ、重さは102グラム。価格は2415円。

画像 連覇ジャンケン

 「連覇ジャンケン」という製品も、こよい兄弟から同日発売する。本体に「グー」「チョキ」「パー」の3つのボタンとモノクロの液晶ディスプレイが付いており、ジャンケンを楽しめる。

 「世界人口66億人が2人ずつトーナメント形式でジャンケンした場合、33連勝すると1位になれるという理論を実践する」ためのジャンケン専用液晶ゲームで、運と勘で連勝を目指す。

 本体はチョキの形をしており、サイズは74(高さ)×48(幅)×20(厚さ)ミリ、重さは27グラム。価格は1029円。

関連キーワード

電卓 | ストレス | おもちゃ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -