ニュース
» 2008年12月19日 07時00分 UPDATE

携帯電話リサイクル義務化、反対が4割 「手放すのは悲しい」

使用済みの携帯端末の回収・リサイクルが義務づけられるとする報道があったが、端末を手放したくない人は多いようだ。

[ITmedia]

 携帯電話に使われている金や希少金属(レアメタル)などの再利用を目的に、使用済み端末の回収・リサイクルが2009年にも義務付けられるとする報道があったが、使用済みの端末を手放したくない人も多いようだ。

 アイシェアがユーザーに行った調査によると、端末回収の義務化について「反対」(26.3%)、「どちらかといえば反対」(15.9%)は合わせて42.3%。「賛成」(13.2%)、「どちらかといえば賛成」(21.2%)の合計を7.9ポイント上回った。

画像

 携帯電話を機種変更する際、古い端末を「必ず持って帰っている」人は61.0%、「場合によっては持って帰る」が25.4%。合わせて86.4%の人が持って帰っているという結果だ。

 携帯端末を手放すことが「悲しい」人は22.4%、「ちょっと悲しい」人は47.1%と、合計69.5%の人が悲しいと感じていた。「悲しい」「ちょっと悲しい」と答えた人は、女性(78.6%)と30代(75.3%)に多かった。

画像

 調査は、無料メール転送サービス「CLUB BBQ」の会員に11月1日〜3日にかけて行い、433人から回答を得た。男性が58.0%、女性が42.0%、20代が10.9%、30代が50.6%、40代が29.1%、その他が9.5%。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -