ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年12月24日 08時25分 UPDATE

LG Display、反射・透過切り替え可能な省電力ディスプレイを発表

LG Displayが、屋外ではバックライトを切って使えるコントラスト比の高いディスプレイを開発した。

[ITmedia]

 韓国のLG Displayは12月22日、屋外で使用する場合、バックライトの代わりに太陽光を使用するノートPC用14.1インチ液晶を開発したと発表した。

lg

 同社が開発した「Backlight Data Signal Switching Technology」を採用。屋外では太陽光を使う反射モード、屋内や夜間ではバックライトを使う透過モードへと、ボタン1つで切り替えることができる。

 LG Displayによると、液晶のバックライトは、ノートPCの総電力消費量の75%以上を占めているという。反射モードの場合、太陽光を利用するため、電力消費量が大幅に減少するとしている。

 また、一般的なノートPCの画面の屋外でのコントラスト比は2対1から3対1で見づらいが、新ディスプレイの反射モードでのコントラスト比は9対1で見やすくなるという。

 新製品は来年1月8日から米ラスベガスで開かれる「2009 International CES」に参考出展する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -