ニュース
» 2008年12月26日 14時43分 UPDATE

Wii向け動画配信、任天堂と電通が来春から 「お茶の間復権を」

任天堂と電通が「Wii」向けの動画配信サービスを来春に始める。

[ITmedia]
画像

 任天堂と電通は、家庭用ゲーム機「Wii」向け動画配信サービス「Wiiの間チャンネル」を来春に始める。基本的には無料のサービスだが、有料コンテンツを配信するオプションサービスを夏ごろに提供する予定。「お茶の間復権」が狙いという。

 Wiiをインターネットに接続し、「Wiiショッピングチャンネル」からソフトをダウンロードして利用する。コンテンツはジャンルやターゲットにこだわらず、幅広く展開するとしている。

 任天堂が開発・運営を担当。電通は外部企業と交渉し、独自のコンテンツ制作体制を構築する。海外展開も検討している。

 サービス名は「お茶の間」と「Wii」を組み合わせた造語。「Wiiが接続されたテレビのあるリビングルームが、家族や友人のコミュニケーションの場としてもっと楽しくなり、お茶の間に笑顔が広がることを目指す」としている。

 Wiiは今年9月末で世界で3455万台出荷。ユーザーの8割はリビングルームのテレビに、4割はネットに接続しており、ユーザーの男女比はほぼ半々、幅広い年代に使われているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -