ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年01月06日 14時37分 UPDATE

米を使ったCD/DVDケース ビクター子会社など

素材に米を使ったバイオマスプラスチック製CD/DVDケースの生産が始まった。

[ITmedia]
画像 バイオマスプラスチック製CD・DVDケース。手前左はバイオマスプラスチック原料、右は原料米のイメージ

 日本ビクターの子会社のビクタークリエイティブメディアとバイオマステクノロジー、中谷産業、音技の杜は1月6日、素材に米を使ったバイオマスプラスチック製CD/DVDケースの生産を始めたと発表した。

 非食用米と可塑性樹脂を組み合わせた素材を採用した。米の含有率は10〜30%で、製品によって異なる。1枚当たりの価格は従来品より数円程度高くなる見込みだ。

 素材はバイオマステクノロジーが販売。ケースの生産を中谷産業が、ケースを使ったパッケージ製品の販売を音技の杜とビクタークリエイティブメディアが担当する。4社は、音楽・映像制作会社に採用を提案し、普及に努める。

関連キーワード

バイオマス | 環境保護


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.