ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年01月06日 16時01分 UPDATE

AMD、Atom対抗「Yukon」プラットフォームをリリース

超薄型ノートPC向けのYukonは、新プロセッサ「AMD Athlon Neo」と、ATIのグラフィックス技術を組み合わせたもの。

[ITmedia]

 米AMDは1月6日、超薄型ノートPC向けプラットフォーム(コードネーム「Yukon」)をリリースした。

 Yukonは、新プロセッサ「AMD Athlon Neo」とチップセット統合型グラフィックス「ATI RadeonTM X1250」を組み合わせたもので、オプションでスタンドアロン型グラフィックス「ATI Mobility Radeon HD 3410」も組み込める。1080pのHD(高精細)映像の再生に対応し、オプションのRadeon HD 3410を使えば3Dグラフィックスも実現可能という。HDMI、DVIなどのデジタル出力にも対応するため、HDテレビなどにも接続できる。

 「これまでノートPCでは、消費者は高額なフル機能のマシンか、機能が限定された低価格のミニノートPCで妥協しなければならなかった。このプラットフォームの投入で、バランスの取れたパフォーマンスを提供する手ごろな価格の薄型ノートPCを実現する」とAMDのクライアント部門コーポレート副社長クリス・クローラン氏は述べている。

 このプラットフォームは、Hewlett-Packard(HP)の薄型ノートPC「HP Pavilion dv2 Entertainment Notebook PC」に採用される。

関連キーワード

AMD | ATI | Athlon | Radeon


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.