ニュース
» 2009年01月08日 07時00分 UPDATE

「ブルーレイ」と言えば? 1位「ソニー」、2位はあの人

「ブルーレイ」と聞いて思い浮かぶイメージの1位はソニー、2位はあの有名人だった。

[ITmedia]
画像 Blu-ray Discと聞いてユーザーが思い浮かべるもの

 「ブルーレイ」と聞いて思い浮かぶイメージの1位は「SONY」、2位は「矢沢永吉」――インターワイヤードの調査でこんな結果が出た。

 10月15日〜10月30日にかけ、男女9141人にネットで調査した。

 「ブルーレイ」と聞いて思い浮かぶイメージを自由回答で1つ聞いたところ、「SONY」「矢沢永吉」「画質がきれい」「大容量記録」「高画質」という順で回答が多かった。

 男女別では、1位は男女とも「SONY」だが、2位以下は男性が「大容量記録」「高画質」「矢沢永吉」「画質がきれい」、女性は「矢沢永吉」「画質がきれい」「大容量記録」「最新機器」という順だった。

 Blu-ray Disc(BD)について「詳しく仕組みや特徴を知っている」は12%、「何となく仕組みや特徴を知っている」は42.9%だった。BDの再生か録画が可能な機器を持っている人は全体の14.7%と少数派だった。

 BD機器購入者に対して「DVDレコーダ―やHDDレコーダーなどもある中、BD機器を購入した理由」を聞いたところ、最も多かった意見は「映像がきれいだから」(58%)で、2位以下は「高画質の映像を録画・保存したいから」(44.4%)、「DVDも再生できるから」(34.4%)と続いた。

画像 BD機器の予算と興味があるメーカー

 BD機器を持っていない人のうち「購入予定がある」は3.9%、「購入を検討している」が10.2%、「具体的な予定は無いが、購入したい」は42.9%で、過半数が購入意向を示した。

 購入意向者に予算を聞いたところ「5万〜10万円未満」が41.2%をと最多。興味があるメーカー1位は「ソニー」、2位は「パナソニック」、3位は「シャープ」、4位は「パイオニア」だった。

 購入する際に重視するポイントとしては「価格」「HDD容量」「画質の良さ」といった意見が多かった。

関連キーワード

高画質 | インターワイヤード | Blu-ray


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -