ニュース
» 2009年01月14日 08時02分 UPDATE

無料のスクリーンキャストサービス「ScreenToaster 2.0」が公開

デスクトップでの操作を動画として保存できるWebサービス「ScreenToaster 2.0」が一般公開となった。

[ITmedia]

 仏ScreenToasterは1月13日、無料のデスクトップ録画サービス「ScreenToaster 2.0」を一般公開した。

 ScreenToasterは、専用ソフトをダウンロードしなくても、クリック1つでデスクトップでの操作を録画できるスクリーンキャストサービス。録画したビデオは、ScreenToasterのサイトで公開できるほか、自分のブログやWebページに組み込んだり、メールで送信することもできる。OSはWindows、Mac、Linuxに、ブラウザはFirefox、Internet Explorer、Chrome、Opera、Safariに対応する。サイトにサインアップすれば無料で利用できる。

 同社は昨年10月にプライベートβ版をリリース。1万人以上のβテスターからのフィードバックを反映し、今回の一般公開となった。同社のサイトには、ソフトウェアのチュートリアルやゲームプレイの様子など、ユーザーが投稿したビデオが掲載されている。

toaster

 バージョン2.0では音声録音が可能になり、Webカメラに対応、録画中の一時停止ができるようになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -