ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年01月15日 09時13分 UPDATE

Google Earthでプラド美術館の名作を超高精細で鑑賞可能に

ヒエロニムス・ボスの「快楽の園」やベラスケスの「女官たち」など、プラド美術館が所蔵する名作を最大140億画素で撮影した画像を、Google Earthで見ることができる。

[ITmedia]

 米Googleは1月13日、スペインのマドリッドにあるプラド美術館が所蔵する14作品を閲覧できるレイヤー「Prado layer in Google Earth」の提供を開始した。

 Google Earthで所蔵品を閲覧できるようにしたのはプラド美術館が初めて。絵画は最大140億画素(14ギガピクセル)という、超高解像度で撮影されている。ルーベンスの「三美神」に描かれた花にとまる小さな蜂や、同じくルーベンスの「キリスト降架」の人物の目からこぼれる涙、ヒエロニムス・ボスの「快楽の園」の複雑な絵柄の細部まで見ることができる。

prado1 鑑賞インタフェース(「快楽の園」)

 このレイヤーでは、3Dのバーチャルな館内を歩き回ることもできる。

prado2

 プラド美術館レイヤーを見るには、Google Earthの左パネルで「建物の3D表示」をチェックし、「ジャンプ」検索ボックスに「プラド美術」と入力する。

関連キーワード

Google | Google Earth | 芸術 | 3D | 高精細 | スペイン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.