ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年01月21日 07時22分 UPDATE

オバマ大統領誕生で政府公式サイトが刷新――ブログも登場

新大統領誕生に伴い、政権移行サイト「Change.gov」のスタッフもホワイトハウス入り。政府公式サイトを刷新した。

[ITmedia]

 バラク・オバマ新大統領の就任宣言を受け、1月20日正午に政府公式サイト(WhiteHouse.gov)が刷新。ホワイトハウスのブログも登場した。最初の投稿は、同サイトを運営する、連邦政府の「ニューメディア」担当ディレクター、メイコン・フィリップス氏が執筆している。同氏は政権移行サイト「Change.gov」の運営を担当していた。Change.govの1月19日付のブログ投稿によると、新公式サイトにはChange.govの多数の機能が取り入れられているという。

whitehouse 新Whitehouse.gov

 フィリップス氏は新しい政府公式サイトの優先事項として、コミュニケーション、透明性、参加の3つを掲げている。

 コミュニケーションについては、RSSフィードを設置したブログのほか、サインアップすれば最新ニュースのメール配信が受けられるサービスを提供するという。透明性では、大統領命令や声明を公開し、誰もが閲覧できるようにすると約束。参加の面では、緊急性のない法律については政府サイトで5日間公開し、大統領が署名する前に、国民のコメントを受け付けることを明らかにした。

 また同日遅くに、オバマ大統領の就任演説の全文とビデオを掲載、さらに就任式関連イベントのスライドショー、大統領のホワイトハウス入りの模様、就任直後の大統領の様子なども、サイトに掲載するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.