ITmedia NEWS >
ニュース
» 2009年01月22日 14時31分 UPDATE

「オバマ氏の選挙広告、ネットで見た」日本ユーザーは2割

日本のユーザーの約2割は、オバマ米大統領のPR広告をネットで見たことがあると答えた。ライフネットの調査。

[ITmedia]
画像 「オバマ氏の選挙キャンペーンのPR広告をSNSやブログ、YouTubeなどWebサイトで見た経験がある」は約2割

 ライフネット生命が1月22日に発表した調査結果によると、日本のユーザーの約2割は、オバマ米大統領の選挙キャンペーンのPR広告をネットで見たことがあると答えた。

 1月9日〜1月13日にかけ、事前の調査で「オバマ氏の大統領就任を知っている」と答えた10〜50代の男女968人に対し、携帯電話で調査した。

 「オバマ氏の演説をテレビで見たことがある」は88.1%、「家族や友人とオバマ氏について話した経験がある」は57.4%、「オバマ氏の選挙キャンペーンのPR広告をSNSやブログ、YouTubeなどWebサイトで見た経験がある」は21.1%だった。「マスメディアやネットを通じて、オバマ陣営の選挙キャンペーンは日本国民にまで影響を及ぼした」(同社)

 オバマ陣営が選挙キャンペーンで利用したサイトやツールについて認知度を調査したところ、最も高かったのは「YouTube」(60.3%)、次いで「オバマ氏の公式サイト」(19.1%)、「MySpace」(13.4%)だった。

関連キーワード

バラク・オバマ | 大統領 | 選挙 | 広告


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.