ニュース
» 2009年01月23日 12時56分 UPDATE

SeagateのHDD不具合、日本語情報は「準備中」 パーツ店では販売再開も

日本シーゲイトは、Seagate製HDDの一部にアクセスできない不具合が見つかった件について「日本語による情報提供を準備している」という。販売を中断していたパーツ店には、販売を再開した店舗も出てきた。

[ITmedia]
画像 Seagateの告知ページ

 米Seagate Technologyの日本法人・日本シーゲイトは1月23日、Seagate製HDDの一部にアクセスできない不具合が見つかった件について「日本語による情報提供を準備している」と明らかにした。不具合発生を受けて販売を中断していたPCパーツ店では、「当社入荷品は正常と判明した」と販売を再開した店舗も出てきた(Seagate製HDDの一部でアクセス不能になる不具合)。

 不具合が見つかったのは「Barracuda 7200.11」「DiamondMax 22」「Barracuda ES.2 SATA」の一部で、米本社がサポートサイトで告知し、不具合を解消するためのファームウェアを配布している。だがこのファームウェアにも別のバグが見つかり、提供を一時中断するなど、米本社の対応は不安定な状態が続いている。

 日本シーゲイトの広報担当者は「日本語による情報提供を準備しており、修正ファームウェアがそろった段階で公開する予定だが、米本社のサポートページも不安定な状態。各国の状況を踏まえてメッセージの統一化を図る必要もあり、日本語情報を提供できる時期は未定。ユーザーにはご不便をおかけして申し訳ない」と話している。

 Seagate製HDDを販売しているPCパーツ店の一部では、不具合発生の告知を受けて販売を一時中断していたが、販売を再開する店舗も出てきた。ドスパラクレバリーは「当社入荷品は正常と判明した」と販売を再開。BLESSはSeagate代理店から届いたという「不具合の心配はない」と知らせる文章をPDFで公開し、販売を再開した。

 ツートップFaithは、Seagate代理店からの回答として「故障の発生率は、通常発生するHDDの故障率を逸脱しない」「SeagateはHDDの回収の予定はなく、販売を継続する」という内容をWebサイトに掲載して販売を再開。T・ZONEは「不確定情報だが、代理店経由で問題ないと回答をもらった」としながらも「詳細を確認するため販売の中断を継続する」としている。

関連キーワード

Seagate | 不具合 | ハードディスク


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -