ニュース
» 2009年01月27日 07時00分 UPDATE

20代の3割が「英語は萌え系教材で学びたい」

英語を学ぶための理想の“教材”は――アイシェアの調査結果。

[ITmedia]
画像

 英語を学ぶための理想の“教材”はどんなものだろうか。アイシェアがネットユーザーに「英語を勉強するならどんな方法がいいか」を聞いたところ、トップは「ゲーム」(49.6%)だった。

 「あったら欲しい教材」は世代別で差があり、20代は3割が「アニメ・萌え系教材で学びたい」と答えた。

 英語を勉強する方法の2位以下は「英会話教室」(41.9%)、「eラーニング」(24.2%)、「本」(23.2%)、「DVD」(19.1%)、「CD」(18.4%)の順。。年代別で見ると「ゲーム」は20代と30代では半数を超えたが、40代では47.3%と半数を割り込んだ。

 あったら欲しいと思う教材は、1位が「ネイティブに教わる」(57.4%)、2位は「もともと英語が苦手だったが克服した人から学ぶ」(30.0%)、3位は「カリスマ講師もの」(15.5%)、4位は「子どもと一緒に学ぶ」(13.8%)。

 「アニメ・萌え系もの」13.8%だが、20代では27.1%で3位に入っている。20代では「アイドルもの」や「キャラクターもの」が欲しいという答えも30代以上より高かった。

 無料メール転送サービス「CLUB BBQ」の会員に2008年12月25日〜29日にかけて調査し、413人から回答を得た。男性52.3%、女性47.7%。

関連キーワード

アイシェア | 萌え | アニメ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -