ニュース
» 2009年01月27日 15時39分 UPDATE

主要ショッピングサイト総利用時間が増加 ネットレイティングス

楽天市場など主要ショッピングサイトの総利用時間が増えている、というネットレイティングスの調査結果。

[ITmedia]
画像 楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon.co,jpの総利用時間の推移

 ネットレイティングスが1月27日に発表したインターネット利用動向調査によると、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」など主要ショッピングサイトの総利用時間が2008年10月〜12月の3カ月間で増加していた。年末商戦期に向けて利用が伸びており、「生活者にとってオンラインショッピングの重要度が増している」としている。

 「楽天市場」の総利用時間は3カ月連続で増加し、10月が7億5069万9000時間、11月が前月比4%増の7億8235万9000時間、12月が同5%増の8億2177万2000時間。総利用時間、1人当たりの利用時間と利用ページ数はそれぞれYahoo!ショッピングとAmazon.co.jpを上回った。

 Yahoo!ショッピングは、10月が2億5175万3000時間で、11月は同15%減の2億1375万4000時間に落ち込んだものの、12月は同36%増の2億8992万7000時間と盛り返した。Amazon.co.jpは、10月が2億9814万3000時間、11月が2億9746万8000時間とほぼ横ばいだったが、12月は同7%増の3億1865万6000時間となった。

 同社の萩原雅之社長は「主要サイトの利用者数の伸びが鈍化しており、3サイトの利用者数にも大きな伸びはないが、1人当たりの利用時間が増加しており、生活者にとってオンラインショッピングの重要度が増している」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -