ニュース
» 2009年01月30日 16時40分 UPDATE

Street Viewカーが鹿をはねた――Googleが事故について説明

Street ViewにGoogleの撮影車にはねられた鹿の写真が写っていたが、鹿は無事だったという。

[ITmedia]

 「GoogleのStreet View撮影車が鹿をはねた」とネットで話題になっていた件で、Googleが1月29日、経緯を説明した。

 29日、米ニューヨーク州ラッシュで撮影されたStreet View画像に、撮影車の前に飛び出してきた鹿の姿と、道に倒れた鹿の姿が写っているのをネットユーザーが発見、「Googleの撮影車が鹿をはねた」とブロガーの間で話題になった。問題の画像はその後削除された。

ah_deer.jpg 削除された画像

 GoogleはGoogle Mapsの公式ブログで、不適切な画像として通報があったため鹿の画像を削除したと説明、撮影車が鹿をはねたことも認めた。ドライバーはすぐに車を止めて警察に連絡したが、警察が到着する前に鹿はどこかへ行ってしまったとしている。

 地元警察によると、その地域では車と鹿の衝突は珍しいことではなく、事故報告書を提出する必要はないという。

 Googleは、「このような事故が起きて遺憾に思う。ドライバーにけががなかったのは幸いだ」と述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -