ITmedia NEWS >
ニュース
» 2009年01月30日 16時54分 UPDATE

ネットユーザーの4割「訳あり商品を調べたことある」

アイシェアの調査によると、ネットユーザーの約4割は“訳あり商品”について調べたことがあり、そのうち6割は実際に購入しているという

[ITmedia]
画像

 「傷あり」「規格外」などの理由で、格安で販売される“訳あり商品”について、ネットユーザーの約4割は調べたことがあり、そのうち6割は実際に購入している――アイシェアの調査でこんな結果が出た。

 「訳あり商品を購入したことがある」と答えたのは39.4%。男性では35.6%、女性では43.7%が「調べたことがある」と答え、年代別では40代が45.2%と最も高かった。

 ネットショッピングを利用したことがある(74.5%)人のうち、「調べたことがある」は47.2%だった。ネットショッピング未経験者(25.5%)では16.4%と、30ポイント以上差があった。

 「調べたことがある」人のうち、「購入経験がある」は62.9%に上った。男女別では、男性が69.9%、女性が56.3%と男性の方か13ポイント高かった。購入した理由として「安く購入できるから」(83.2%)、「元が良い品だから」(57%)、「クチコミがよかったから」(15%)といった意見が多かった。

 1月8日〜10日にかけ、無料メール転送サービス「CLUB BBQ」会員に調査し、432人から回答を得た。男性が53.9%、女性が46.1%、20代が10.6%、30代が50.9%、40代が28.7%、50代が7.4%、その他が2.3%。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.