ニュース
» 2009年02月12日 07時53分 UPDATE

Gmailに「どこから発信」を表示する機能

Gmailの署名に、現在いる場所の情報を自動で追加できる機能が利用可能になった。

[ITmedia]

 米Googleは2月10日、Gmailのメールの末尾につける署名に、現在自分がいる場所の情報を自動的に追加する機能をGmail Labsに追加した。

location 署名の下に「Sent from...」と表示される

 この機能を使うには、英語版のGmailでLabsアイコンを選択してLabsのタブで「Location in Signature」をオンにし、Gmailメインの「Settings」の「Signature」の下に表示される「Append your location to the signature.」をチェックする。なんらかのSignatureが選択されており、Gearsが有効になっている必要がある。

 位置情報は、http://mail.google.comがGearsを利用して取得する。基本的にIPアドレスによって特定されるため、常に正確とは限らないという。例えばヒースロー空港にいる場合、ロンドンではなくドイツにいると認識される場合がある。Wi-Fiアクセスポイントでの特定に対応する最新のGearsをインストールしており、無線で接続している場合は、より正確な位置情報が表示されるとしている。

 位置情報を署名に追加する機能はいつでもオフにできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -