ニュース
» 2009年02月24日 15時13分 UPDATE

ねとらぼ:ランカコスで「キラッ☆」 長島☆自演乙選手、「K-1 MAX」1回戦はKO勝ち

ランカ・リーのコスプレで、「K-1 MAX」に臨んだ長島☆自演乙☆雄一郎選手。本当に強くてびっくり。

[ITmedia]
画像 K-1公式サイトのトップページには試合後の集合写真が。自演乙選手のコスプレ姿がまぶしい。決勝戦用に用意していた衣装のようだ

 長島☆自演乙☆雄一郎選手が2月23日、「K-1 WORLD MAX 2009〜日本代表決定トーナメント〜」で、「マクロスF」のランカ・リーのコスプレで登場した。1回戦はKO勝ちしたが、次の準決勝はドクターストップでTKO負け。「来年はアニヲタがK-1を制圧します」と意気込んでいる。

 長島選手は、ランカのステージ衣装コスプレで1回戦に登場。ダンサーを引き連れ、「星間飛行」のメロディーに乗って踊りながら、パンチンググローブで「キラッ☆」も披露。アナウンサーに「自作自演お疲れ様、これが自演乙ということだそうです!」などと紹介された。コスプレ姿の写真はK-1公式サイトで確認できる。

 リング上ではコスプレ姿と打って変わった強さを見せ、昨年準優勝のHAYATO選手から3度のダウンを奪ってKO勝ちを収めた。

 準決勝もランカのコスプレで登場。山本優弥選手と対戦し、押し気味の試合展開だったが、1回戦で負傷した左まぶたからの出血が止まらずドクターストップとなった。

 K-1公式サイトによると長島選手は、1カ月前から入場パフォーマンスを練習していたそうで、「来年はアニヲタがK-1を制圧します」と語っている。

 試合後に更新したブログでは「最後まで打ち合えないってめっちゃ悔しい」とつづり、「この負けを活かして次の勝利を掴みます。コスプレする場を掴み取ります!」と意気込んでいる。

関連キーワード

コスプレ | ねとらぼ | マクロス | オタク


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -