ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年03月17日 07時00分 UPDATE

小型スピーカーも高音質化 東芝、原音を忠実に再現する技術

補助スピーカーを使ってメインスピーカーから発生した原音以外の音を打ち消すことで、原音を忠実に再生する技術を、東芝などが開発した。

[ITmedia]

 東芝は3月16日、補助スピーカーを使ってメインスピーカーから発生した原音以外の音を打ち消すことで、原音を忠実に再生する技術「音忠実再生技術」を、京都大学大学院、アクティモ(京都市左京区)と共同で開発したと発表した。

 メインスピーカーの筐体や支持部の剛性不足により発生した原音以外の音を、メインスピーカに付けた補助スピーカから発生させる逆位相の音で打ち消し、忠実な原音を再生する。

 同社によると、標準的なスピーカーでは原音以外の音が約4割程度、素材に薄肉ABSを採用した小型・薄型スピーカーでは、それ以上発生するが、新技術を使えば、原音以外の音を90%以上低減させられるという。

 新技術は、3月17日から開かれる日本音響学会の春期研究発表会で発表。製品搭載に向けて研究開発を進める。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.