ニュース
» 2009年07月09日 07時00分 UPDATE

「アナログテレビがもったいない」 iVDR対応小型デジタルチューナー、三洋が発売

着脱式HDD規格「iVDR」に対応したデジタルチューナー「repoch」を三洋電機コンシューマエレクトロニクスが発売する。「まだまだ使えるアナログテレビを大切に使いたい人」などがターゲットだ。

[ITmedia]
photo

 三洋電機コンシューマエレクトロニクスは7月8日、着脱式HDD規格「iVDR」に対応したデジタル放送チューナー「repoch」(レポック)を9月1日に発売すると発表した。地上デジタルへの移行予定が2年後に迫っているが、「まだまだ使えるアナログテレビを大切に使いたい人」などがターゲット。価格は6万1950円。

 約230(幅)×170×(奥行き)×41(高さ)ミリ、約800グラムというA5ファイルサイズのコンパクトな本体に、地上/BS/CS対応デジタルチューナーとHDDレコーダー機能を内蔵したデジタルチューナー。

 HDD部はiVDRを採用し、カセットのように脱着可能。標準付属するのは日立マクセル製の160Gバイトモデルで、地上デジタル(17Mbps)なら約20時間分を録画できる。容量がいっぱいになれば、別売りHDDを購入して交換可能だ。

photophoto

 アナログテレビ用に映像出力(コンポジット)・アナログ音声出力×1系統を備えた。HDMI端子(1080i、720p、480p)からデジタルテレビへの出力も可能で、アナログから買い換えた後でもハイビジョンレコーダーとして使えるとしている。LAN端子も備え、「アクトビラ」コンテンツの視聴にも対応する予定だ。

 同社の調べでは、地上アナログ放送が停波する2011年の時点でも、アナログテレビは現在の台数の半数に当たる約2000万台が残ると予測。新製品は「もったいない、まだまだ使えるアナログテレビを大切に使いたい人」や、2台目以降のテレビや小さな画面のテレビに十分な程度のシンプルで小型なレコーダーが欲しい──というユーザーがターゲット。手軽でコンパクトなチューナー兼レコーダーとして訴求し、実売価格も「なんとか5万円以下に抑えたい」と値ごろ感を出したい考えだ。

 今後はホームサーバへ進化させるなど、シリーズ製品として展開するロードマップも描いている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -