ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年07月27日 15時15分 UPDATE

Windows 7、相次ぐ先行割引キャンペーン 法人向けでも

Windows 7は、Vista発売時には行わなかった先行割引キャンペーンを相次いで投入し、早期普及を狙う。

[岡田有花,ITmedia]
画像 08年10月時点で、国内企業の79.8%がXPを使っており、Vista普及率は9.7%(アイ・ティ・アール調べ)

 マイクロソフトがWindows 7の早期普及に向け、割引キャンペーンを相次いで投入している。企業向けボリュームライセンスは米国と同じ9月1日から販売し、同時に企業向けアップグレードキャンペーンを開始。Windows 7 Professionalへのアップグレードライセンスを優待価格で提供する。

 現行のWindows Vistaは普及が進まず、企業での導入は08年10月時点で9.7%(アイ・ティ・アール調べ)にとどまっている。Windows 7は「Vista発売時には行わなかった」(同社の中川哲コマーシャルWindows本部長)という割引キャンペーンで早期普及を目指す。

 9月1日〜来年2月まで、Windows Vista Buisiness/XP Professionalを使っている企業ユーザー向けに、Windows 7 Professionalを1万9800円(通常は2万4600円)に割り引いた上で、インストールディスク(通常は3000円)やガイド冊子を付ける「法人向け早期アップグレード割引キャンペーン」を行う。

 Windows 7 Enterpriseの無料評価版(90日間限定)も、営業担当者を通じて企業向けに提供する予定だ。「法人市場のPCのうち2台に1台は、Windows 7にアップグレードできるスペックだ」――同社の東條英俊コマーシャルWindows本部マネージャーは市場のポテンシャルを強調する。

画像

 企業向けには現在、Windows 7 Enterprise利用に必要なライセンス「Software Assurance」(SA)を割引価格で提供するキャンペーンを、2月20日〜8月31日までの予定で実施中。2月〜6月のSA販売実績は、前年の2.2倍に増えたという。

 個人向けには、アップグレードライセンスが約半額になる「Windowsありがとうキャンペーン」を6月末に実施。予想を大きく上回る受注があり、キャンペーン終了日を繰り上げるなど、「Windows 7には、非常に強いニーズを感じている」と、中川本部長は胸を張る(半額のWindows 7、週末で完売 限定3万本  「予想を超える注文」)。

 発表会にはアイ・ティ・アールの生熊清司シニア・アナリストが、中堅メーカーでWindows 7 Enterpriseを導入した場合のコスト削減効果を説明。中川本部長は「Enterpriseといえば大企業向けと思われがちだが、PCを積極的に活用するすべての企業で利用してほしい」と、Windows 7 Enterpriseの優位性も強調していた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.