ニュース
» 2009年08月27日 14時02分 UPDATE

シャープ、電子辞書型ネット端末「NetWalker」 Ubuntu搭載、3秒で起動

シャープは、Ubuntuを採用したモバイルネット端末「NetWalker」を9月25日に発売する。手のひらサイズのボディにタッチパネルディスプレイとフルキーボードを搭載。3秒で起動し、10時間連続駆動する。

[ITmedia]
photo

 シャープは8月27日、モバイルネット端末「NetWalker」を9月25日に発売すると発表した。OSにLinux(Ubuntu)を採用し、手のひらサイズの小型ボディに、タッチパネルディスプレイとフルキーボート、無線LAN接続機能を詰め込んだ。3秒で起動し、10時間連続駆動する気軽かつ本格的なMID(Mobile Internet Device)として、市場開拓を目指す。

 発売日は、「PC-Z1-W」(ホワイト)と「PC-Z1-B」(ブラック)が9月25日、「PC-Z1-R」(レッド)が10月下旬。価格はオープンで、実売予想価格は4万5000円前後。

画像

 Linux搭載Zaurusの後継とも言える新製品。カラー電子辞書のような2つ折り端末で、A6サイズ・約409グラムと、スーツの内ポケットに入るコンパクトサイズのネット端末だ。

 タッチパネル対応5インチWSVGA(1024×600ピクセル)の液晶ディスプレイとキーピッチ約14ミリのフルキーボードを搭載する。Webブラウザやメールソフトをワンタッチで起動できるクイックスタートボタンや、右手の親指でスクロールなどの操作が行える「オプティカルポイント」も備えた。

 OSはシャープカスタマイズ版のUbuntu 9.04。統合オフィスソフト「OpenOffice.org」、Webブラウザ「Firefox」、メールソフト「Thunderbird」などがインストールされているほか、Ubuntu用ソフトをダウンロードして追加できる。

 CPUはFreescale Semiconductor製i.MX515プロセッサ(800MHz)。メインメモリは512Mバイト。ストレージとして4Gバイトのフラッシュメモリを内蔵しているが、ユーザーエリアは約2Gバイト。microSDHCスロット(最大16Gバイト)で拡張できる。

 IEEE802.11b/gの無線LAN機能を内蔵。USB端子を2つ装備し、3GなどのWAN接続はUSB経由で通信モジュールを接続することで行える。

 駆動時間は約10時間。サイズは約161.4(幅)×108.7(奥行き)×約19.7〜24.8(高さ)ミリ、重さ約409グラム。

ah_sharp.jpgah_sharp2.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -