ニュース
» 2009年09月09日 13時48分 UPDATE

“ロボット付き”コンセプト機も 「iida」新モデルを写真と動画でチェック (1/2)

KDDI「iida」新モデルは“積層”をイメージした「PLY」と、“未来”をイメージした「PRISMOID」の2機種。球体ロボットと端末をセットにしたコンセプトモデルも。写真と動画でリポートする。

[岡田有花,ITmedia]
画像

 KDDI(au)は9月9日、デザインブランド「iida」(イーダ)端末の新製品として、“積層”をイメージした「PLY」(プライ)と、“未来”をイメージした「PRISMOID」(プリズモイド)を発表した。

 球体のロボット付き端末のコンセプトモデル「Polaris」(ポラリス)も発表。試作機を会場に展示していた。新進デザイナーがデザインしたiidaブランドの周辺機器23種類もラインアップする。

 発表会場に展示されていた実機を写真でリポートする。Polarisは動画付き。

PLY

 PLYは、「カドケシ」のデザインなどで知られるデザイナーの神原秀夫さんがデザインしたモデル。層が積み重なるイメージで、すべてのサイドキーを1つの面に集約した。3.0インチの液晶ディスプレイと有効319万画素のカメラを備える。


画像
画像
画像

画像 側面にファンクションキーが
画像
画像

PRISMOID

 PRISMOIDは「INFOBAR」シリーズの深澤直人さんがデザイン。「角錐体」という意味で、端末テーマは「未来的な未来」。全周に面取りを施し、握りやすくスタイリッシュなデザインにした。ディスプレイは約2.7インチ、カメラは有効197万画素。シンプル機能のベーシックモデルとして売り出す。


画像
画像
画像

画像
画像
画像

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -