ニュース
» 2009年09月16日 07時00分 UPDATE

日本HP、ProLiant向けにSolarisを販売

日本HPがx86サーバ「ProLiant」のサポートOSとしてSolarisを追加し、販売を始めた。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは9月15日、x86サーバ「ProLiant」向けにSolaris10の販売と技術サポートを始めると発表した。今年2月、米Hewlett-Packardと米Sun Microsystemsが結んだ契約に基づく。

 ProLiantのサポートOSとしてSolaris10を追加し、「一定期間のサブスクリプション」と「ソフトウェアテクニカルサポート利用権」をセットで販売する。SolarisをHPから購入することで、SunによるSunsolve Onlineが利用でき、パッチなどをダウンロードできる。またHP-UX、Windows、Linuxと同様に、日本HPのソフトウェアテクニカルサポートを受けられる。

 1年間の価格は、サーバソケットが1〜2かつソフトウェアテクニカルサポートが標準時間(午前8時45分〜午後5時半)内の場合で13万6080円など。

 Solarisの導入支援サービスなども展開し、顧客のSolaris導入に必要なサービスとサポートをワンストップで提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -