コラム
» 2009年10月30日 11時30分 UPDATE

Appleの企業進出にタブレットMacが貢献する10の理由 (1/2)

うわさのタブレット型Macが、コンシューマー市場はもちろん企業ユーザーにも強く訴求すると思われる10の理由を示す。

[Don Reisinger,eWEEK]
eWEEK

 米Appleがタブレットマシンをリリースする計画なのかどうかは依然として不明だ。しかしそういった憶測がしきりに飛び交い始める中、その可能性はますます高いように思えてきた。ただ、それがいつになるのかは分からない。また、このタブレットが具体的にどういった機能を備えたものになるのかも不明だ。現時点ではすべてが推測にすぎない。

 だからといって、このデバイスがもたらすインパクトを検討できないわけではない。Appleがタブレットをリリースした場合、既に市場に出回っている各社のタブレットに見られる幾つかの基本機能は当然備えているものと予想される。例えば、タッチスクリーン、電子メールのチェック、Webサーフィンといった機能だ。

 Appleのタブレットをめぐる憶測で見過ごされているのは、企業市場への影響だ。誰もがコンシューマー市場にばかり目を向けているように思えてならない。確かに、タブレットマシンはコンシューマーに最も訴求するかもしれないが、それは企業ユーザーに訴求しないことを意味するわけではない。むしろその逆だ。Netbookのようなシンプルで非力なマシンを使ってWebにアクセスする企業ユーザーが増えているからだ。わたしのみるところでは、Appleのタブレットはこのトレンドにうまく合致するように思える。

 要するに、タブレットはAppleが企業市場に進出するのに大きく貢献する可能性があるということだ。その理由を以下に示そう。

1. Netbookの成功

 数年前には、非力で小さなNetbookコンピュータが企業市場に進出できるなどと誰が信じただろうか。歴史的に、企業市場はパワーと生産性が絶対視される世界なのだ。しかしNetbookはこの状況を変えた。現在、企業は従業員にNetbookを仕事用に与えており、それで何も問題は生じていない。Netbookでも高機能ソフトウェアを使えるというわけではないが、Webのブラウジング、電子メールのチェック、重要なドキュメントの編集といった作業には特に支障がない。加えて、3Gネットワークを利用することにより、どこからでもWebに接続できるのだ。Appleのタブレットもこの点は何ら変わらないだろう。

2. クラウド効果

 今日、企業の間でクラウドを利用する動きが加速している。社内のデスクトップPCに閉じ込められたアプリケーションよりも、Webを通じて提供されるアプリケーションを利用するメリットを企業が認識するようになったのだ。Appleタブレットは、Appleが提供している各種ノート型Macよりもパワーが低いのは間違いないと予想されるため、Web用として最適なマシンになるだろう。すなわち、従業員がWebにアクセスして仕事をする必要がある企業の場合、Appleのタブレットでも何の問題もないということだ。また、Windowsを使えないという主要な障害もクラウドの中では問題にならない。

3. 豊富なアプリの存在

 タッチコンピューティング分野におけるAppleの“トロイの木馬”は、同社のアプリケーションになってきた。同社は現在、ゲーマーやプロフェッショナルなど広範なユーザー層をカバーする8万5000本以上のアプリケーションを提供している。これらのアプリのおかげで、iPhoneに移行する価値に注目する企業が増えている。当然、これらのアプリの一部はAppleタブレットにも組み込まれると予想される。豊富なアプリのサポートのおかげで、企業はAppleのストアで有用なエンタープライズアプリを見つけることができるだろう。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -