ニュース
» 2010年01月15日 07時00分 UPDATE

第4四半期のPC出荷、不況の中でも22%成長

第4四半期のPC市場をけん引したのは低価格モバイルPCだった。Windows 7の発売は需要の起爆剤にならなかったという。

[ITmedia]

 世界的な景気低迷が続いているにもかかわらず、2009年第4四半期の世界PC出荷台数は過去7年間で最高の対前年成長率を記録した。Gartnerが1月13日に報告した。

 同四半期の世界PC出荷台数は9000万台を超え、前年同期から22.1%増加した。前年が不調だったためというのもあるが、「世界的なレベルでPC市場が回復していることを示している」とGartnerは述べている。

 成長をけん引したのは主に低価格モバイルPCだった。不況により購入者が価格に敏感になっているためだ。また第4四半期にはWindows 7が発売されたが、年末商戦の宣伝材料にはなったものの、PC需要の起爆剤にはならなかったという。

 ベンダー別ではHewlett-Packard(HP)が首位を維持した。以下Acer、Dell、Lenovo、東芝と続く。Acer、Lenovoは40%を超える伸び率を記録している。

2009年第4四半期の世界PC出荷台数(単位:千台)
メーカー 4Q09出荷台数 4Q09市場シェア(%) 4Q08出荷台数 4Q08市場シェア(%) 出荷台数伸び率(%)
Hewlett-Packard 17,792.2 19.8 14,239.9 19.3 24.9
Acer 12,188.2 13.5 8,612.7 11.7 41.5
Dell 10,397.1 11.5 9,839.3 13.3 5.7
Lenovo 7,836.5 8.7 5,509.3 7.5 42.2
東芝 4,811.9 5.3 3,668.1 5.0 31.2
その他 37,008.5 41.1 31,855.4 43.2 16.2
合計 90,034.5 100.0 73,724.7 100.0 22.1
(資料:Gartner)

 2009年通期では、出荷台数は3億600万台で前年から5.2%増えた。消費者向けモバイルPCが成長の主要因だった。首位は依然としてHPで、2位にはDellを抜いてAcerがランクインした。Dellは3位に転落、以下Lenovo、東芝と続く。Dellは出荷台数が前年比で9.1%減少したが、そのほかの上位メーカーは市場全体を上回る成長率を記録している。

2009年の世界PC出荷台数(単位:千台)
メーカー 2009年出荷台数 2009年市場シェア(%) 2008年出荷台数 2008年市場シェア(%) 出荷台数伸び率(%)
Hewlett-Packard 58,947.8 19.3 52,942.2 18.2 11.3
Acer 39,897.1 13.0 30,834.1 10.6 29.4
Dell 37,355.6 12.2 41,074.1 14.1 -9.1
Lenovo 24,723.8 8.1 21,791.3 7.5 13.5
東芝 15,495.4 5.1 13,498.8 4.6 14.8
その他 129,453.0 42.3 130,657.2 44.9 -0.9
合計 305,872.6 100.0 290,797.6 100.0 5.2
(資料:Gartner)

関連キーワード

Dell | Acer | PC市場 | レノボ | Gartner | 東芝 | モバイルPC | HP


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -