ニュース
» 2010年03月29日 16時32分 UPDATE

孫社長の「やりましょう」どこまで進んだ? 「Togetter」活用「やりましょうリスト」

Twitter上で孫正義社長が「やりましょう」とコメントした内容の進ちょくについて、個人が開発・運用しているTwitterまとめサービス「Togetter」(トゥギャッター)で公開した。

[ITmedia]
画像

 ソフトバンクグループは3月28日、Twitter上で孫正義社長が「やりましょう」「検討しましょう」とコメントした内容の進ちょくを、Twitterまとめサービス「Togetter」(トゥギャッター)を使って公開する取り組みを始めた。

 公開したのは、要望対応の進ちょくを伝える「やりましょう」リストと、検討中の案件について伝える「検討します」リスト、実際に始まったサービスなどを紹介する「できました」リスト。それぞれ、孫社長や関係者のツイートなどをまとめている。

 Togetterは、yositosiさん(@yositosi)が個人が開発・運用しているサービス。この日、togetterには大量のアクセスが流れ込んだようで、yositosiさんは「人生でこんなに驚いたことはないってくらいの1日になりました」など感慨深げにツイートしている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -