ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年04月12日 07時00分 UPDATE

“脳波マーケティング”を手軽に DNP、ヘアバンド型脳波計使った新サービス

DNPは、冊子やカタログなどを読むユーザーの脳波を測定することで、ユーザーの興味関心を測定するマーケティングサービスの提供を始める。ヘアバンドタイプの脳波計を活用、手軽、安価に利用できるという。

[ITmedia]
画像

 大日本印刷株式会社(DNP)は、冊子やカタログなどを読むユーザーの脳波を測定することで、ページごとにユーザーの興味関心を測定するマーケティングサービスの提供を、4月12日に始める。ヘアバンドタイプの脳波計を使うことで、多数の電極を装着して脳波を測定する同様なサービスより手軽、安価に提供できるという。

 東京農工大学の満倉靖恵研究室との共同研究で開発したサービス。ヘアバンドタイプの脳波計を調査対象者に装着してもらい、雑誌、カタログ、パンフレットなどの冊子を閲覧してもらって脳波を測定。各ページの閲覧時間と脳波の測定値を一体化することで、ページごとの興味関心の高さと推移を分析する。

 調査対象者が6人の場合で95万円から。対応できる冊子は、200ページまでが目安。冊子に加え、デジタルコンテンツでの調査も可能だ。被験者の眼球の動きをセンサーで検知するアイトラッキング調査も、オプションで追加できる。

 分析結果を制作物の企画やデザインなどに反映し、効果的な制作物の作成を支援するサービスも提供する。

 新サービスと関連する制作物合わせ、2012年度で10億円の売り上げを見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.