ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年06月28日 21時18分 UPDATE

髪を切るとあんこが出るバーチャルリアリティシステム

髪の毛を切ると、切った髪の代わりあんこが落ちてくる――というバーチャルリアリティシステムがある。

[小笠原由依,ITmedia]

 先週は、iPhone/iPod touch用の新OS「iOS4」のアップデート開始やiPhone 4発売など、iPhone関連のニュースが盛りだくさんだった。

 ランキングとは関係ないが記者は先週、バーチャルリアリティ(VR)や3D関連製品を集めた展示会「3D&バーチャルリアリティ展」(東京ビッグサイト)を訪れた

 記事でも紹介した、髪の毛を切るバーチャルリアリティ体験ができる「Air-Hair」(東京工業大学ロボット技術研究会が開発)は、はさみをマネキンの上で切るように動かすと、ディスプレイに映る髪の毛が切れる――というものだ。

 Air-Hairには、切った髪の毛が実際に、はさみの刃のあたりから落ちてくる機能もあるという。ただ、落ちてくるのは本物の髪の毛ではない。髪の毛風のあんこだ。

 あんこはチューブを通じてはさみに供給され、「実際に食べることもできる」という。「切ったものが現実に出てくれば面白い」と付けた機能だが、取材当日は準備の都合で用意できなかったそうだ。

 はさみの先っぽから出てきた髪の毛風のあんこを食べるというのはちょっと抵抗があるが、物が出てくるという発想は面白いと思った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.