ニュース
» 2010年08月19日 16時57分 UPDATE

モリサワと大日本スクリーン、フォント事業で協力 「MORISAWA PASSPORT」にヒラギノ収録

モリサワのフォント定額制ライセンス「MORISAWA PASSPORT」にヒラギノフォントが収録される。

[ITmedia]
photo 森澤社長(左)と藤澤社長

 モリサワと大日本スクリーン製造は8月19日、フォントビジネスでアライアンスを締結したと発表した。モリサワの定額制フォントライセンス「MORISAWA PASSPORT」に、大日本スクリーンの「ヒラギノ」フォントを収録する。

 MORISAWA PASSPORTは、「新ゴ」や「リュウミン」などモリサワの全フォントを年間5万2500円で利用できる定額制ライセンス。新たに「ヒラギノ角ゴシック」「ヒラギノ明朝」など13種類69書体が加わり、追加料金などは不要で利用できる。MORISAWA PASSPORTの収録フォントは合計504書体になる。

 契約ユーザーには9月1日からアップグレードキットを発送する。新規向けパッケージは9月21日から出荷、店頭で購入できる「MORISAWA PASSPORT ONE」は10月8日に発売する。

 ヒラギノフォントは2000年からMac OS日本語版に角ゴシックと明朝の計6書体が標準搭載されており、iPhone/iPadでも採用されている。MORISAWA PASSPORTに収録されるヒラギノフォントは、大日本スクリーンが販売しているフォント名などと互換性を保っているほか、Mac OS Xへのインストール時には標準フォントに上書きしないようにしているという。

 MORISAWA PASSPORTに収録されることで、「年間ライセンスという使いやすい形態を実現できる上、販売力の強化にもつながる」と大日本スクリーンの藤澤恭平メディアアンドプレシジョンテクノロジーカンパニー社長は期待する。モリサワの森澤彰彦社長は「モリサワ以外のプロフォントもMORISAWA PASSPORTで使いたいという要望があった。ヒラギノが入ることで、モリサワがカバーしていない市場を創出できるのでは」と話している。

関連キーワード

フォント | Mac OS X


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -