ニュース
» 2010年10月21日 07時00分 UPDATE

Mac OS X「Lion」発表 Mac用App StoreなどiPadの要素取り込み

Mac OS Xの最新版「Lion」は2011年夏にリリースされる。アプリストア「Mac App Store」など、iPadの要素を多く取り入れている。「iLife 11」も発表した。

[ITmedia]

 米Appleは10月20日、Mac OS Xの最新バージョン「Lion」を発表した。来夏リリースの予定。

 同社によると、Lionは「iPadのアイデアをMacに環流し」したもの。デスクトップアプリストア「Mac App Store」、iPadのホーム画面のようにアプリケーションを並べて表示できる「LaunchPad」、起動中のすべてのプログラムを一覧できる「Mission Control」などの新機能を加え、システム全体でフルスクリーンアプリケーションをサポートしている。

ah_lion_app_store.jpgah_launchpad.jpgah_missioncontrol.jpg 左からMac App Store、LaunchPad、Mission Control

 Mac App StoreはiPhonem向けApp Storeと同様に、iTunesアカウントを使ってアプリを購入できる。このストアは90日以内にSnow Leopardでも利用できるようになる。

 またAppleは「iLife 11」も発表した。iPhotoはフルスクリーンモードなど、iMovieはハリウッド風予告編ムービーを作成する機能などが加わり、GarageBandにはオーディオ波形をクリックして音のタイミングを調整できる「Flex Time」や任意のトラックにほかのトラックを合わせる「Groove Matching」などを盛り込んでいる。iLife 11はiWeb、iDVDも含み、20日から49ドル(日本では4800円)で発売される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -