ニュース
» 2011年01月06日 12時11分 UPDATE

2011 International CES:VIERAが本格的なゲームプラットフォームに パナソニック、「VIERA Connect」発表

パナソニックはクラウド型IPTVサービス「VIERA Connect」を開始し、対応テレビを今春から北米に投入する。ゲームパッドを使って本格的なゲームを楽しめる世界初のサービスも。

[ITmedia]

 パナソニックは1月6日、薄型テレビ「VIERA」向けクラウド型IPTVサービス「VIERA Connect」を開始し、対応テレビを今春から北米に投入すると発表した。ゲームパッドと連携し、本格的なゲームを専用機なしで楽しめる世界初の双方向サービスも楽しめるという。

photophoto サービスイメージ

 VIERA Connectは、欧米で展開してきた「VIERA Cast」を大幅に改良したクラウドベースのIPTVサービス。テレビリモコンからの操作で、インターネットサービスをVIERAで利用できる。

 外部ハードウェアと連携する初の機能を備えるのが特徴。ゲームパッドを使い、従来のテレビ向けネットサービスでは難しかったレーシングゲームのような本格的なセミハードコアゲームを専用コンソールなしで大画面で楽しめるという(パナソニックはゲーム事業への参入準備を進めていることを明らかにしていた)。

 テレビ上では32ビット3Dグラフィックスによる高品質なGUIで操作でき、アプリやゲームパッドなどの関連機器を簡単に購入できる「VIERA Connect Market」機能も備える。年内発売予定のAndroidタブレット「VIERA Tablet」でもサービスを利用できるようにする。

 対応テレビ「Smart VIERA」15機種をまず米市場に今春投入し、2012年度には世界市場でのIPTV販売比率を7割にまで引き上げる計画だ。

 VIERA ConnectのSDKとAPIは開発者向けに公開し、参加サービスとアプリケーションを広く募る。ミドルウェアではACCESSと協業、他メーカーに対しオープン化する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -