ニュース
» 2011年03月03日 04時03分 UPDATE

「iPad 2」発表 より薄く、ホワイトモデルも 日本は3月25日発売

米Appleが「iPad 2」を発表。米国では3月11日、日本では3月25日に発売する。初代iPadから5ミリ近く薄型化し、ブラックモデルに加えホワイトモデルが登場。

[ITmedia]

 米Appleは3月2日(現地時間)、タブレット型デバイスの新製品「iPad 2」を発表した。米国では3月11日、日本では3月25日に発売する。

photo ホワイトモデルが登場

 米国で開かれた発表会にはスティーブ・ジョブズCEOが登場し、iPad 2を発表する元気な姿を見せた。

 iPad 2はデザインを一新し、厚さは最薄部で8.8ミリと、初代iPadの13.4ミリから薄型化。iPhone 4の9.3ミリよりも薄くなっている。初代は表がブラックカラーのモデルのみだったが、ホワイトモデルを追加した。

 サイズは241.2(高さ)×185.7(幅)×8.8(厚さ)ミリ。重さはWi-Fi版が601グラム。3G版が613グラム。初代iPad(Wi-Fi版680グラム/3G版730グラム)から軽量化している。

 内蔵フラッシュメモリの容量は初代iPadと変わらず、16Gバイト、32Gバイト、64Gバイトの3モデル。

 3G版はiPhone 4と同様CDMA版も提供され、米国ではAT&TとVerizonが販売する。

photo
photo
photo デュアルコア化したA5プロセッサ。動作クロックは初代iPadの1GHzと同じ

 デュアルコアの「A5プロセッサ」(1GHz)を初めて搭載。CPUで2倍、グラフィックスで9倍高速化しているが、初代iPadのA4プロセッサと同等の消費電力で済むという。バッテリー持続時間は10時間としている。

 前面と背面にそれぞれカメラを装備。背面カメラは720p/30fpsの、前面カメラはVGA/30fpsの動画撮影が可能。前面カメラを使えばFaceTimeによるテレビ電話を楽しめる。

 iPhone 4/iPod touchと同様に、3軸ジャイロも搭載する。HDMI出力に対応し、外付けユニットにより1080pの出力が可能になっている。

 ディスプレイは噂されたRetinaは採用されず、9.7インチ(1024×768ピクセル/132ppi)のIPS液晶パネルを採用している。

photo
photo 新たに発売する純正のカバーは、日本人にはお風呂のふたに見える。折り曲げるとスタンドにもなる

 OSはiOS 4.3を搭載。Safariの「Nitro JavaScriptエンジン」は、JavaScriptを4.2と比べ最大2倍の早さで実行するという。iPad横のスライドスイッチは回転ロックか音のミュートのどちらかを改善できるようになっている。映像編集ソフト「iMovie for iPad」や音楽制作ソフト「GarageBand for iPad」などもリリースする。

 米国価格は、Wi-Fi版の16Gバイトモデルが499ドル、同32Gバイトモデルが599ドル、同64Gバイトモデルが699ドル。3G版は16Gバイトモデルが629ドル、32Gバイトモデルが729ドル、64Gバイトモデルが829ドル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -