ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2011年04月12日 11時05分 UPDATE

Intel、タブレット向けAtom「OakTrail」発表 富士通など搭載製品発売へ

Intelが新Atomベースのタブレット向けプラットフォーム「OakTrail」を発表。搭載製品は富士通、Lenovoなどが5月以降発売する予定。

[ITmedia]

 米Intelは4月12日、新Atomプロセッサベースのタブレット端末向けプラットフォーム「OakTrail」(開発コード名)を発表した。搭載製品は富士通、Lenovo、Vilivなどが5月以降発売し、年内に35機種が発表される予定という。

 OakTrailプラットフォームを構成する「Atom Z670」は、グラフィックスとメモリコントローラをプロセッサ上に搭載。プロセッサ自体は従来比60%小型化し、省電力ながら1080p動画のデコードが可能。SM35 ExpressチップセットとともにHDMI出力、USB 2.0に対応する。

 また、NetbookとエントリーレベルのデスクトップPC向けAtomプラットフォームである「Cedar Trail」も発表した。搭載製品は2011年後半に登場する予定。

 同社のダグ・デイビス副社長兼Netbook&タブレット製品事業部長は「ムーアの法則を上回るスピードで開発が進められており、今後3年間で3つのプロセス技術を採用した新製品を市場投入する計画だ」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.