ニュース
» 2011年06月10日 06時35分 UPDATE

HP、PalmのwebOS搭載タブレット「HP TouchPad」を7月に発売

iPad対抗のwebOS搭載タブレット「HP TouchPad」のWi-Fiモデルがまず米国で7月1日に発売される。モバイル回線モデルのパートナーはAT&Tで、夏の終わりに登場の予定だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 touchpad

 米Hewlett-Packard(HP)は6月9日(現地時間)、昨年買収したPalmのモバイルOS「webOS」搭載のタブレット「HP TouchPad」を7月1日に米国で発売すると発表した。

 7月1日に発売するのはWi-Fiモデルのみで、夏の終わりには米AT&Tの通信回線を利用できるモデルを発売する計画という。価格は16Gバイト版が499.99ドル、32Gバイト版が599.99ドル。カナダ、欧州とアジアの一部でも発売するとしているが、日本での発売は未定のようだ。

 米AppleのiPadと同じ9.7インチのディスプレイを搭載し、プロセッサは米Qualcommの2コアSnapdragon APQ8060 1.2GHzで、ネットワークはIEEE 802.11b/g/n、WPA、WPA2、WEP、Buetooth 2.1をサポートする。サイズは24×19×13.7センチで重さは740グラム。

 マルチタスクとFlashに対応し、前面のカメラを使ったビデオチャットが可能。HPのクラウドプリントサービス「ePrint」を利用して無線で印刷でき、コミュニケーションスイート「HP Synergy」によってGoogleのクラウドサービスやFacebookなどの情報を一元管理できるほか、webOSアカウントでHPのwebOS搭載スマートフォンと相互に連係できる。

 米国ではAmazon、BestBuy、Walmart、Office Depotなどの小売大手が販売する。6月19日に予約受付を開始する。

 touchpad 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -